作品紹介

KK-House project

デザイン性と実用性のある家

どちらかを優先すれば、一方が欠落してしまいがちなデザイン性と実用性。
"正反対に思える2つを上手く融合させた"そんな住宅に完成しました。


クライアント様は共働きでいらっしゃるご夫婦。今後、お子様が産れた時のことも考えて「吹抜けがあり2Fの洋室と繋がっている仕様」「ベットルームは昼間でも落ち着ける配置」というご要望により、2Fにお子さんが居てもリビングから気配を感じる事が出来き、ご夫婦の寝室は昼間でも暗くなりずらい南側の間取りになるよう設計しました。

各部屋にclosetが配置されている事はもちろん、玄関横には大容量の土間収納が設けてあり、hall各所にもclosetがあるなど、収納部分を多く設ける事で生活感を出さずに実用性を充実させました。
リビング・客間から続くテラスにはガーデンデッキを設置。奥様が菜園スペースをご希望でしたので、ガーデンデッキからも直接お庭に出られる造りにしました。
外壁はフォルタナモカとクリアホワイト、1F内装にもメイプル色の床とTVラック裏にはイエローベースの天然石をフォーカルポイントとし、畳にモカベージュ、2Fの全室にはピュアメイプルを、全体的に柔らかい温かみのある茶系で統一することによりナチュラルで居心地の良い雰囲気になりました。

また、オール電化で省エネに貢献。さらに、栃木県産材を使用した木材利用ポイントの適合住宅となっています。